“あすなろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
羅漢松50.0%
羅漢柏50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やました小野をのは、羅漢松あすなろ
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
木曽の五木と称されている、杜松ねず羅漢柏あすなろさわら落葉松からまつひのきなどが左右に茂っている。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)