“あさって”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
明後日99.2%
翌々日0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いいえ、まだ一度もないの。それだから何だか可笑しいのよ。じゃあと、——じゃこうして下さらない? 大村は明後日表慶館へ画を
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
わが国にて「紺屋の明後日」と唱えきたるがごとく、「チリのマニアナ(明日)主義」といいて、すべて明日明日と延期する風あり。
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
御覧なさいまし、明日、翌々日の晩は、唯今のお珊の方が、千日前から道頓堀、新地をかけて宝市のに出て、下げ髪、緋のという扮装で、八年ぶりで練りますから。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)