“黒闇々”の読み方と例文
読み方割合
こくあんあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この谷間の、この部分だけは白昼のように明るいけれども、周囲は黒闇々に近い山々。僅かに二日の月が都留の山のに姿を見せているばかりです。
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
旋風にあおられたたこは、つりかごを前後左右にかたむけゆりあげて、黒闇々のなかを飛んでゆく。はげしい動揺のために富士男は眼のくらむのをおぼえた。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
穴のごとく、その底よりは風の吹き出づると思う黒闇々たる坂下より、ものののぼるようなれば、ここにあらば捕えられむと恐しく、とこうの思慮もなさで社の裏の狭きなかににげ入りつ。
竜潭譚 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)