“鹿皮”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しかがわ80.0%
しかがは20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鹿皮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また一けんでは鹿皮しかがわをなめし、小桜模様こざくらもよう菖蒲紋しょうぶもん、そんなかたおきをしているうちもあった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「イヤとてもお話にもなんにも……」とやっぱり頭をかいていたがポケットから鹿皮しかがわのまっ黒になった煙草入たばこいれとひしゃげた鉈豆煙管なたまめぎせるとを取り出した。
二老人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
小判と火藥の外に、なまりで作つた鐵砲玉をたした、鹿皮しかがはの袋も見付かりました。