“鬘師”の読み方と例文
読み方割合
かつらし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
拳闘家は闘士となり、薬局の小僧は化学者となり、鬘師は美術家となり、泥工は建築師となり、御者は遊猟者となり、草鞋虫は翼鰓虫となる。
ある鬘師と僕との合作なんですがね。普通に註文したんでは、もこんな見事なものは出来ません。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ただ二番目の松若は傾城花子に化けているという役で、どうしても美しい女の顔にならなければならないので、特に鬘師に註文したらしく、前髪の一方を長く切下げたように垂れさせて
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)