“鬘捻”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かづらひねり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬘捻”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会 > 社会学3.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
千秋万歳法師 絵解えとき 獅子舞 猿牽 鶯飼 鳥さし 鋸挽おがひき 石切 桂女かつらめ 鬘捻かづらひねり 算置 薦僧 高野聖 巡礼 鐘敲 胸叩 へうぼう絵師 張殿 渡守 輿舁 農人 庭掃 材木売 竹売 結桶師 火鉢売 糖粽売 地黄煎売 箕作 樒売 菜売 鳥売
エタに対する圧迫の沿革 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)