“鬘屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かもじや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬘屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「飛んでもない、あつしは先づ江戸中の鬘屋かもじやを當つて見ますよ、ふくらはぎまで屆くと言はれたお北自慢の生き毛を、唯捨てちや勿體ないから、いづれ金にしたことだらうと思ひますが」
PR