“高坐:こうざ” の例文
“高坐:こうざ”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂1
“高坐:こうざ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 演劇史 各国の演劇1.6%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
円朝は明治三十三年八月、六十二歳を以て世を去ったのであるから、私は高坐こうざにおける此の人をよく識っている。
寄席と芝居と (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)