“馬糞煙草”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まぐそたばこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“馬糞煙草”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
平次と八五郎は、相變らず空茶からちや馬糞煙草まぐそたばこで、いつものやうな掛け合ひを始めて居ります。
それを訊くと元は町人で、煙草だけはぜいを尽したから、落ぶれても馬糞煙草まぐそたばこめねえ、——と言やがるんで、その口の下から女房も、うちの人は酒を飲まないから、せめて煙草の贅をさせているんですよと——あごを突き出しましたぜ。