“餓殍”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
がひょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“餓殍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
後からくるいなごは、喰う稲がない。遂には、餓殍がひょうと餓殍が噛みあって何万何億か知れない虫の空骸なきがらが、一物の青い穂もない地上を悽惨に敷きつめている。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いわゆる文壇餓殍がひょうありで、惨憺極さんたんきわまる有様であったが、この時に当って春陽堂は鉄道小説、一名探偵小説を出して、一面飢えたる文士を救い、一面渇ける読者を医した。