“面胞”の読み方と例文
読み方割合
にきび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、世界の美人を一人で背負って立ったツモリの美貌自慢の夫人がりに択って面胞だらけの不男のYを対手に恋の綱渡りをしようとは誰が想像しよう。
三十年前の島田沼南 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
面胞が一ぱいな、細長い黒い顔、彼らの一人息子で、父六郎と同職業のいささか新智識であるところの少年と青年のが、母親譲りの、細い小さな眼をもって、赤いシャツを着て出て来た。
いたって貧乏なケチな店だったが、『金毘羅利生記』を出版してマンマと失敗した面胞だらけの息子が少しばかり貸本屋学問をして都々逸川柳の咄ぐらいは出来た。