“青公家”の読み方と例文
読み方割合
あおくげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
加茂川亘さんて——その、あの、根岸の歌の先生ね、青公家の宗匠ンへ、お嬢さんの意趣返しに、が暴れ込んだ時、の紋附と
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
色紙短尺に歌を書くよりほかには能のない、又はをつけて胡籙を負うのほかには芸のない、青公家ばらや生官人どもとは違って、少納言入道信西は博学宏才を以って世に認められている。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
熱さを忘れたたわけの青公家
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)