“難計”の読み方と例文
読み方割合
はかりがたく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小戦有之、夫より江差之賊徒追撃、厚浅部口迄進軍、尤大炮三、玉薬二十四五箱分捕、賊徒一人生捕有之候趣。右に付残兵御都合次第早速御差出に相成も難計兼而手筈いたし置候様。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
何程可降哉難計一同心痛いたし居申候
何程可降哉難計一同心痛いたし居申候