“関興寺”の読み方と例文
読み方割合
くわんごうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おなし心の人あまたありてその事とゝのひ、に石塔をんとする時にいたりて、源教いふやう、かゝる㕝の導師たらんは我がおよぶ所にあらず、最上山関興寺の上人を招請あれかしといふ。