“関興”の読み方と例文
読み方割合
かんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、張郃は眼尻でりつつ、また先へ急いだ。そして約二十里ほど来ると、一山の上から蜀の関興と名乗って駈け下ってきた軍馬がある。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一突一退、緩急の呼吸をはかって、やがて関興の一軍が討って出るのを見たら、そのとき初めて、一斉に奮力をあげて死戦せい
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「今か。今か——」と、それを待っていた関興の五千騎は、疾風のごとく、谷の内から出て、魏勢の横を衝いた。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)