関興かんこう)” の例文
と、張郃は眼尻でりつつ、また先へ急いだ。そして約二十里ほど来ると、一山の上から蜀の関興と名乗って駈け下ってきた軍馬がある。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一突一退、緩急の呼吸をはかって、やがて関興の一軍が討って出るのを見たら、そのとき初めて、一斉に奮力をあげて死戦せい
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「今か。今か——」と、それを待っていた関興の五千騎は、疾風のごとく、谷の内から出て、魏勢の横を衝いた。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
時に、次男の関興が、荊州からきたので、関羽は、諸将のてがらと戦況をつぶさに書いて
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ところが同じ日に、関羽の次男関興も、一手の兵をつれて、この軍に会した。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
誰かと、諸人目をそばだてて声のを見ると、関羽の次男関興であった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
帝玄徳が敵をながめている日、関興はこう願い出た。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)