“鎧下”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よろいした100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鎧下”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
呂布は、着かけていた毛皮の鎧下よろいしたを脱ぎすてて、
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
どこを洗ったでもなく、たちまち真っ赤になって出て来られた。鎧下よろいしたの肌着だけはお代えになったが、具足は、新しい物がそこへ取揃えてあるにかかわらず、風雨によごれた古い方を着込んで、
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)