“銭祐”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せんゆう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銭祐”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
会稽余姚かいけいよようの人銭祐せんゆう、夜屋後に出で、虎の取るところとる、十八日すなわち自ら還り、説くに虎初め取る時、一官府に至り、一人几にるを見る、形貌壮偉、侍従四十人