“銭目”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かねめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銭目”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 歌舞伎4.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
試にある好事家こうずかの望に因りて、両座の楼門をくらべ評せんに、大薩摩やら大道具やら衣裳やら、勿論もちろん銭目かねめだけの事はありて、明治座を勝とす。
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)