“銭屋宗納”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぜにやそうのう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銭屋宗納”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
薩摩屋宗二さつまやそうじ油屋紹佐あぶらやしょうさ銭屋宗納ぜにやそうのうなどというこの土地の旧家、豪商の主人たちが、客の顔ぶれであった。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
船へは、宗易の弟千宗巴せんのそうは銭屋宗納ぜにやそうのうが、使いとして乗った。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)