“金揉:きんも” の例文
“金揉:きんも”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“金揉:きんも”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
心外な、と彼女は濡れたままの顔を上げた。金揉きんもみ烏帽子にまゆずみの白拍子化粧がまたなく似合って哀しい胸を、そのまま脂粉で顔に描き現したもののように見えた。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)