“運作”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うんさ50.0%
うんさく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“運作”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
人間霊魂の第一の顧問は渠なり、渠の動くところに霊魂の自由なる運作うんさあり。
思想の聖殿 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
寤果して寤か、寐果して寐か、我是を凝ふ、深山夜に入りて籟あり、人間昼に於て声なき事多し、むる時人真に寤めず、る時往々にして至楽の境にあり、身躰四肢必らずしも人間の運作うんさくを示すにあらず