“造語”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ざうご100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“造語”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
自慢でもなんでもないが、「業績」とか「学問の推挽すゐばん」とか云ふやうな造語ざうごを、自分が自然科学界に置土産にして来たが、まだ Forschungフオルシユング といふ意味の簡短で明確な日本語は無い。
妄想 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)