“辛惨”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんさん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“辛惨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
諸君は道を行かんがために、道をさえぎるものを追わねばならん。彼らと戦うときに始めて、わが生涯しょうがい内生命ないせいめいに、勤王の諸士があえてしたる以上の煩悶はんもん辛惨しんさんとを見出し得るのである。——今日は風が吹く。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)