“踊歌”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おどりうた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
関東地方の粉の需要は、それでもまだ足りなくて粉屋という商売が起こり、かの豊年万作の踊歌おどりうたにもまた村々の粉ひき歌にも、粉屋の娘が人望ある題材となっている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
橋川正君の日本仏教文化史の研究に、常陸ひたち鹿島かしまの弥勒の船の踊歌おどりうたを、このいわゆる弥勒二年の私年号と、関係のある現象だろうと説かれたのは、注意すべき一つの見解であった。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)