“言歌”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ことうた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“言歌”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一方では、堂上風の口たるい小細工歌が流行はやり、一方では古学派のわざとらしい万葉調の真似手の多いなかに、敢然かんぜん立つて常情平述主義を唱へ「ただ言歌ことうた」の旗印を高く掲げた才一方の年上の老友がうらやまれた。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)