“袞竜”のいろいろな読み方と例文
旧字:袞龍
読み方(ふりがな)割合
こんりょう66.7%
こんりよう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“袞竜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、元豊が天子の着るような袞竜こんりょうの服を着、旒冕そべんをつけて、室の中から一人の女にし出されて出て来た。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
天子は驚いてそれを調べてみると、旒冕そべん糜藁きびわらしんで編んだもので、袞竜こんりょうの服は敗れた黄ろな風呂敷ふろしきであった。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
舟にのれば瓔珞えうらくゆらぐはすのかぜ掉のひとりは袞竜こんりようの袖
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)