“葡萄園:はたけ” の例文
“葡萄園:はたけ”を含む作品の著者(上位)作品数
アントン・チェーホフ1
“葡萄園:はたけ”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「待て待て」とサモイレンコが言った、「先にこれを飲んでみてくれ。……それは僕の葡萄園はたけの奴だ。この罎はナ〓リージェの葡萄園はたけのだし、こっちはアハトゥロフのだ。……三つともって見て、ひとつ忌憚のないところをきかしてくれ。……僕のはちょいと酸味があるようなんだが。ええ、どうだね?」
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
PR