“落始:おちはじめ” の例文
“落始:おちはじめ”を含む作品の著者(上位)作品数
木暮理太郎1
“落始:おちはじめ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
太井ふとい川(現在の江戸川)と利根川とを混同し、かつ利根の川上は筑波根つくばねのみなの川で、其源は常州じょうしゅう文殊ヶ岳より落始おちはじめるなど、まるで痴人か狂人の語るを聞くに似た記事である。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)