“芸術心”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げいじゅつしん50.0%
たくみごころ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふとしたことが、宿り、っていた正義心と、芸術心を、いっしょにめざめさせたのでした。
心の芽 (新字新仮名) / 小川未明(著)
それは、相手が誰かということも忘れたらしい、芸術心のほか何ものもない、阿修羅のようなものすごい形相であった。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)