“臨風榜可小楼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
りんぷうぼうかしょうろう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“臨風榜可小楼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と奥歯のあたりを膨らまして微笑ほほえみながら、両手を懐に、胸を拡く、ふすまの上なる額を読む。題していわく、臨風榜可小楼りんぷうぼうかしょうろう
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
所在なさそうに半眼で、正面まとも臨風榜可小楼りんぷうぼうかしょうろうを仰ぎながら、程を忘れた巻莨まきたばこ、この時、口許へ火を吸って、慌てて灰へほうって、弥次郎兵衛は一つせた。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)