“聞了”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きゝおわ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“聞了”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
以上の物語りを聞了きゝおわりて荻沢警部は少し考えそれでは誰が殺されたのか(紺)誰が殺されたかそれまでは認めませんが多分金起かと思います(荻)ハテ金起が—併し金起はの様な身姿みなりをして居た(紺)金起は長崎に居る時から日本人の通りです一昨夜は紺と茶の大名縞の単物に二タ子唐桟の羽織を着て博多の帯を〆て居ました(荻)ハテ奇妙だナ
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)