“罵評”の読み方と例文
読み方割合
ばひょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れ勝なる文学上の閲歴、断篇のみを作ってだに全力の試みをする機会に遭遇せぬ煩悶、青年雑誌から月毎に受ける罵評の苦痛、自らはその他日成すあるべきを意識してはいるものの
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)