“置散”の読み方と例文
読み方割合
おきちら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殿様の方にはお召使が幾人もあって、何か月に六斎ずつる/″\お勤めがあるなどという権妻置散かして居ながら、家来が不義を致しますと手打にいたさんければならんとは
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)