“繩簾”の読み方と例文
新字:縄簾
読み方割合
なはすだれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中央は臺所口にて繩簾を垂れ、左右は板羽目、柳の立木などあり。風の音にまじりて題目太鼓の音遠くきこゆ。
箕輪の心中 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)