“繋纏”の読み方と例文
読み方割合
けいてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引力によりて繋纏する物質の力、自由を以て独自卓犖たる精神の力、この二者が相率ひ、相争ひ、相呼び、相結びて、幾千幾百年の間、一の因より一の果に、一の果より他の因に
国民と思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)