“繁三郎”の読み方と例文
読み方割合
しげさぶらう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
繁三郎氏の母親は九十近くの老齢で、今だに達者でゐるが、孝行者の奥氏は東京へでも旅をする時には、一番に母親へ挨拶にく事を忘れない。すると母親は、つたやうにいふ。