“縫女”の読み方と例文
読み方割合
ぬいじょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お次の間には老女笹尾が御添寝を承わり、その又次の間が当番の腰元二人、綾女縫女というのが紅絹で眼を押えながら宿直に当った。
怪異黒姫おろし (新字新仮名) / 江見水蔭(著)