“縦暴”の読み方と例文
読み方割合
しようばう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等平民はら重んずる故を知らず、から侠客なるものをして擅横縦暴の徒とならしめたり、侠客の侠客たる所以、甚だ重しとせず、平民界にて一種の理想となりたる跡、に痛むべし。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)