“緑滴”の読み方と例文
読み方割合
みどりしたた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
緑滴るころ、東京近郊では、井之頭の池に、あの静かな、原始林のような森林に囲まれ、のついた鏡のような池のに、白い夢のように睡蓮の花が浮いています。
季節の植物帳 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)