“総真鍮製”の読み方と例文
読み方割合
そうしんちゅうせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見ると東坡巾先生は瓢も玉盃も腰にしてって、懐中の紙入から弾機の無い西洋ナイフのような総真鍮製の物を取出して、を引出して真直にして少しすと手丈夫な真鍮の刀子になった。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)