“綿抜瓢一郎”の読み方と例文
読み方割合
わたぬきへういちらう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十一月の或である。この書斎に客が三人あつた。客の一人はO君である。O君は綿抜瓢一郎と云ふ筆名のある大学生であつた。あとの二人も大学生である。
漱石山房の冬 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)