“綿厚”の読み方と例文
読み方割合
わたあつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
直垂の下に利仁が貸してくれた、練色綿厚なのを、二枚まで重ねて、着こんでゐる。それだけでも、どうかすると、汗が出かねない程、暖かい。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)