“網代小笠”の読み方と例文
読み方割合
あじろをがさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山林に身を苦しめ雲水に魂をあくがれさせては、墨染の麻の袂に春霞よし野の山の花の香を留め、雲湧き出づる那智の高嶺の滝の飛沫網代小笠塵垢ぎ、住吉の松が根洗ふ浪の音
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)