“給侍”の読み方と例文
読み方割合
きゅうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人差向いでお宮にたき立ての暖かい御飯の給侍をしてもらって食ぺていると、まるで御飯が咽喉へ飛び込むようであった。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
すると柳沢は階下の茶の間で老婢給侍をさせながら御飯を食べていたが
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)