“給仕頭”の読み方と例文
読み方割合
きゅうじがしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
給仕頭と見える若い白服の男がやって来て小声で何か弁解している。老人はまた「ほかの客にはタオルを持って来るのに、わしには持って来んじゃないか」
三斜晶系 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
金博士が、がなりつけるようにいうと、ひょっくり衝立からとびだしてきた給仕頭
勿論それはあの給仕頭などに、暇つぶしを以てさるべき悠長な性質のものではない。
毛利先生 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)