“絡上”の読み方と例文
読み方割合
まくりあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
濁水がゴーゴーという音を立てて、隅田川の方へ流込んでいる、致方がないので、衣服を、思うさま絡上げて、何しろこの急流、流されては一大事と、犬の様に四這になって
今戸狐 (新字新仮名) / 小山内薫(著)