“絡佩裳”の読み方と例文
読み方割合
ハクモ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かう言ふさしぬきにしてつける袴(穿く裳でなく、絡佩裳である)を、奴袴と書くも、故がある。むかばきは、向佩きである。ばきの簡単化したもので、向ばきと、古いほど似て来る。