“結分”の読み方と例文
読み方割合
ゆいわけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
婆「そうね、只の髪と違って御殿女中の椎茸髱はかしいんですよ、幸い此の婆アは年来結いつけて慣れていますから、旗下はう大名は斯うと、まア婆アぐらいに結分るものは有りませんね」
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)