“紫光”の読み方と例文
読み方割合
しこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
砲から空中へ紫光の柱が立ったのは、上空にある強烈なる電気天井ヘビサイド層の電気を下へ導くための電離柱です。これがために強烈なる電気が天井から下りて来る。
発明小僧 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)